本文へ移動

看護部

看護部長 吉田 弘子

 看護部では、ひとりひとりの患者様の個性や思いを大切に、ベッドサイドでのきめこまやかなケアを目指し日々取り組んでいます。地域の皆様がいつまでも住み慣れた場所で自分らしい生活が続けられるよう支援致します。
 多職種連携により在宅復帰やご家族様を支援するレスパイト入院等、入退院の形は様々です。ひとりひとりに合ったベストな方法を考え、地域の皆様が『何でも気軽に相談できる場所』でありたいと願っています。
 『困っている人を助けること』『頑張っている人を応援する』ことが、病院全体の組織風土であり、部署を越えた協力体制と学んだ知識を活かせる事は強い味方です。それが、『患者様やご家族様のために』を考え行動できる人材に繋がっていると思っています。
 気づくこと、目標(めざすもの)を持つこと、行動すること、真心を込めること、やってみようと思うこと、考えることをモットーに患者様の安らげる場、職員ひとりひとりの輝ける場を造り、そしてこれから先も成長し続けていきたいと思っています。

副看護部長 岡田 美賀子

 私たち看護部は、子育て世代の若いスタッフから経験豊かなスタッフが多く勤務しております。各個人が互いに良き刺激を受けつつ、自己成長に努め、笑顔絶えない働き甲斐のある職場です。私達は常にベッドサイドで患者様に寄り添い〝優しい手〟でケアを行う事を第一に考えております。他職種との優しい手の繋がりで、患者様により良い看護・介護を提供していきます。

副看護部長 吉田 悦子

 吉川病院は三木市の北東部に位置する吉川町にあります。
 吉川町は加古川へと繋がる美濃川の支流が町を横切るように流れ、のどかな田園景色が広がっています。また、大正時代から酒米山田錦の産地として歴史の深い土地です。
 私たち看護部は、地域に密着し、地域の方が安心と信頼できるように『ひとりひとりを大切に、寄り添える看護職を目指す』を理念に働いています。
 利用者の方々に‟あなたで良かった”と言って頂けるように、看護部主体で接遇教育、研修に取り組み、ぬくもりのある看護を目指しています。
 患者様、御家族様へ丁寧な傾聴と説明を心がけ、治療方針や生活様式への意思決定のサポートをしています。
 病棟ではベッドサイドケアを重視し、日々看護知識と技術の向上に努め、より良い看護をしていきたいと思っています。
 そして、職員が看護、介護職に誇りを持ちながら働ける職場風土作りを目指していきます。
各部署のPR
外 来
スタッフ一同より良い医療・看護を提供出来る様、笑顔、声掛け、目配り
気配りを心がけ、親しみのもてる環境作りをしたいと思います。
2病棟2階
2病棟2階には、コミュニケーションが得意、ケアが得意、聴く事が得意、いろいろな強みを持ったスタッフがいます。
 その強みを活かし、お互いを高め合える職場作りを目指しています。
2病棟3階
医療療養型40床の病棟です。
患者様と御家族様の思いに寄り添い、丁寧に耳を傾け、お話をし、ベッドサイドケアを行うぬくもりのある看護を目指しています。
患者様に喜んで頂ける病棟アクティビティにも取り組んでいます。
スタッフ間のコミュニケーションを大切にして、お互いに尊重、協力しながら日々明るく働いています。
3病棟2階
口から食べたいと思う患者様の意思に寄り添い摂食訓練に取り組んでいます。
スタッフ全員で意見を出し合い情報を共有することで、身体拘束ゼロを目指しています。
3病棟3階
『病棟全体で協働し、その人らしさを尊重した安全で安心な看護、介護を提供する』を目標に日々頑張っています。
3病棟4階
急性期治療が終了し病状が安定された後も慢性疾患としての
治療を必要とされる方が多く入院されています。
患者様はもちろんのこと、家族様の声にも耳を傾け、安心して
入院生活を送って頂けるよう「気づき、伝え合い、つながるケア」
を病棟目標に、患者様一人一人にあったケアの提供と一日一笑を
スローガンに、スタッフ一丸となり頑張ってます。
東病棟2階
東病棟2階は認知症や認知機能の低下の患者様が多く入院されている病棟です。『その人らしさに視点をおいたケアの実践』を目標に、入院患者様に穏やかな入院生活を過ごしていただけるよう取り組んでいます。
東病棟3階
患者様、御家族様の思いに寄り添い、心のこもった看護、介護を提供できるよう日々頑張っています。
スタッフ間では、お互いを認め助け合えることが強みです。
教育担当
 
看護師:宮井 奈緒美
介護福祉士:藤田 清美
 
当院には、看護師・介護福祉士の2名の専任教育担当がいます。未経験やブランクのある方は、不安もあるかと思いますが、親切、丁寧にマンツーマンで指導、サポート致します。
教育理念・教育体制
 
☆教育理念
 高齢患者様の特徴を理解し、専門職としての誇りと責任を果たし、
満足度の高い看護・介護サービスを提供できる看護・介護職を育成する。
 
☆教育体制
 ワークライフバランスを実践できる職場環境を提供し、共に学び
支え合い、一人一人が輝くことのできる看護部を目指します。
新人及び新入職者(既卒)に対し、プリセプターシップ及びチーム
支援型体制を実施しています。
〈求める看護職員像〉
☆優しさと思いやりを持ち、患者様・御家族様の思いに寄り添うケアの出来る看護職員
☆専門職として、科学的根拠に基づいた安全な看護・介護が出来る看護職員
☆社会情勢に敏感に反応し、自己研鑚出来る看護職員
☆多職種との連携、協働が出来る看護職員
〈外国人雇用〉
 
吉川病院では、平成4年より外国人職員の雇用を行っております。
現在は、日本永住、留学生、技能実習生など様々な雇用形態で日本人と共に介護業務に携わり、入院患者様のお世話や地域の皆様と交流をしています。
また、看護師国家試験の支援も行っており、平成30年度 インドネシア人職員が第108回看護師国家試験に合格致しました。
私は、25年前高校の衛生看護科を卒業後に看護短大へ進学していましたが、若かった私は医療現場で一刻も早く働きたい衝動に駆られ学ぶことをやめてしまいました。
そして働いていく中で、何度も知識不足や資格の壁にぶつかり、そのたびに再び進学するか悩みましたが、子育てしながら仕事をしている状況では進学する決断はできずにいました。
しかし、吉川病院で働きはじめ看護部長や病棟師長、先輩方の後押しにより病院の奨学金や支援を受け、神戸常盤大学通信課程へ進学することができ、再び学ぶチャンスをいただけました。
いざ始まると課題は多く難しく、仕事・子育て・家事と同時に行っていくことは、想像以上に厳しい状況でしたが、病院・周囲の方々、家族に支えられ2年間で卒業し看護師国家試験にも合格することができました。
なかでも吉川病院では学習費の援助だけでなく、実習やスクーリングは研修としてもらえることで、公休が確保されるとともに、交通費においても支援があり、国試前には学習日を確保していただき学習に集中できる環境も充分でした。
さらに勤務病棟では実習やスクーリング、学習日などで勤務日数が少なく迷惑をかけていたにも関わらず、2年間ずっと励まし続け国試時には自身の事の様に絵馬やお守りで合格祈願してもらいました。私は今回進学したことで、看護師として知識を深められただけでなく、自分の恵まれた環境や周囲の方々の優しさ・心配りに感謝すること、同じ目標を持った同士に出逢えたことなどが、人としての心の成長をさせてもらえたと強く思います。
最後に、大人になってから学ぶということはとても辛くしんどいことでしたが、若い頃の当たり前に学ぶことができる環境とは違い、看護師や人として多くのことを学ぶことができる良い機会であったと私は思い、同じようにチャンスがある方には是非チャレンジしてもらいたいと思います、
そして、この様な貴重な機会を与えて下さった病院や看護部長はじめ周囲の方々、家族に深く感謝しています。
松本麻美
海外で働く看護師になりたいから2012年にEPAのプログラムで日本に来て最初は日本語のあ、い、う、え、おから勉強し英語より日本語が難しいと思いましたが一生懸命勉強しました。
日本の看護師国家試験を合格するために、専門用語を勉強して、2013年に初めて看護師国家試験を受けました。しかし合格しなかったですが諦めたくないから、また2014年と2015年も受けましたがやはり駄目でした。
2015年にインドネシアに帰国しましたが、日本の事が懐かしいから2017年9月に日本に戻って2018年に准看護師の試験を合格して、2018年7月から吉川病院に入職しました。看護師国家試験を合格したいので働きながら吉川病院から勉強のサポートをもらいました。
2019年に5回目の看護師国家試験を受けてやっと合格することができて、嬉しいです。これから看護師の仕事が始まりますが大変ですが病院の先輩達の指導があるので一生懸命頑張りたいと思います。
EPAの皆さん達も諦めないで看護師目指して頑張って下さい。

アニースマルニ
高校生 教育活動実習
当院では、高校生の教育活動実習(インターンシップ)を
行っております。
平成28年度は、吉川病院近隣の高等学校(吉川高校・三木高校
社高校)の学生の方々に学んで頂きました。
実際の現場で 多職種の医療従事者と関わって頂き、患者様への接し方
(言葉使い・車椅子介助・食事介助・体位交換介助・リハビリ
レクリエーション)を体験して頂いております。
 お問い合わせはこちら
TEL. 0794-72-0063
お電話でのお問い合わせもお待ちしております
医療法人社団 敬命会 吉川病院
〒673-1231
兵庫県三木市吉川町稲田1番地の2
TEL.0794-72-0063
FAX.0794-72-1732
1.医療業・介護業
TOPへ戻る